サンキューフォーザワールド"


ホーム  Thank you for the worldとは  ボランティアバス  サンキューメッセージ写真  活動報告  メンバー紹介  お問い合わせ



サンキューフォーザワールド 活動報告

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.12.09 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -






    【あのね日記】すてきな言葉発見!! in 新宿のラーメン屋さん

    0



      超画素数が低い携帯電話で撮ったんで、ぼやけてます。文字見えますかね?

      「しあわせは、感謝のこころが連れてくる」

                 と

      「ありがとう あなたが居てくれるだけでうれしい。 それだけでしあわせ。」

      って書いてあります。おじぞうさんの絵も書いてありました。


      新宿のあるラーメン屋さんのトイレに貼ってたんですよ。

      「いいこと書いてるな〜」と思ったんですね。

      幸せだから「ありがたい」と思うのではなくて、「ありがたい」と思ってるから幸せになるってことだと
      受け止めました。

      「卵が先か?鶏が先か?」みたいな話しかもしれないけど、幸せが来るのを口を開けて待ってるより
      なんか前向きでいいなと。 

      そんなことを思う今日このごろの代表 兼 雑用係の山崎でした。

      あと、ここのお店の塩ラーメンが超おいしかった。



      追記:
      私事ですが、昨日、僕の従兄弟が結婚しました。 とても素敵な式でした。
      おめでとうノブ&アサミちゃん。お幸せに!!







      【あのね日記】を書く理由

      0
         スタッフの須藤です。

        「サンキューってどんな団体?スタッフってどんな人達?」
        ってのをわかってもらおうと始めた【あのね日記】。
        書いてみるとわかるけど、週一でも書き続けるのって意外と難しい。

        思っていることを書くだけなのに、書き始めるとなかなか書けない。
        「自分はこう考える」と思っていたことが、文章にできないんです。
        それに書いていくと「あれ?ここ矛盾してるぞ」ってのがたくさん出てきます。
        頭の中で考えているだけのことは意外と整理されていないってことがわかりました。

        考えが整理されていなければ、一貫性のある行動をすることができません。

        サンキューのスローガンは、
        「小さな力が大きな力に、小さなThank youを大きな奇跡に」

        一人一人の力は小さくても集まれば大きな力になります。
        大きな力は正しく使えば凄くプラスになりますが、一歩間違えば時として大きなマイナスにも
        なりかねません。
        団体を運営する我々は「力」が正しい方向に向くよう、考えた上での一貫性のある行動を
        する必要があると思います。


        【あのね日記】を書くようになってから、今までは何となく通り過ぎてしまっていたものを、
        しっかりと見るようになりました。そして、見たものについて考えるようになりました。

        考えるだけで行動しないのは意味がありませんが、考え無しの行動もまた良くはありません。
        震災直後は考え無しの行動でも良かった。どこに行っても作業内容にさほど差は無かったから。
        でも今は震災から約1年半が経過し、ボランティアの活動内容も大きく変わってきています。

        何が「正しい」のか?たぶん答えはありません。
        ある人にとって正しいことがある人にとっては正しくない。
        ある人を助けることで逆に不幸になる人がいることもある。
        ボランティアが雇用を奪うことがある。
        ボランティアが自立心を奪ってしまうことがある。

        だからこそ自分達にとって「正しい」と思うことをしっかり考えて実行していかなければ
        ならないのではないか。そんなことを思います。


        僕は【あのね日記】を通して『考える』ということをしています。
        そしてもし見てくれる人がいれば、書いてあることを通して『考えて』欲しいと思っています。
        (だからテーマによってはあえて極端な書き方をしたりしています)

        この日記を書いている間も頭の中はぐるぐる・・・
        文章も何だかまとまりが無くなってしまいました。
        やっぱり【あのね日記】を書くのは難しい。


        P.S.
        焼肉が食べたくなってきた今日このごろ。早くポイント貯まらないかな〜

        Thank you for the world
        須藤 哲也







        【あのね日記】39うちわ!!!!

        0
          こんばんは。 代表 兼 雑用係の山崎です。

          超ひさしぶりのあのね日記です。

          あのね日記、書かないとペナルティとして「焼肉をおごらされる」という新ルールができたから書くのでは決してありませんよ。

          またそれを無視して書かないでいたら、本当に焼肉をおごらされたから書くわけでもないですよ。



          今日、家を掃除してたら、こんなうちわを発見しました。 見てください。39うちわ。

          たしか、浅草の居酒屋さんで、もらったんだな。





          なんかいいでしょ。「ご当地さんくす」

          日本狭しといえども、「ありがとう」って言葉だけでこんなにあるんですね。 
          いや・・もっとあったりするのかな? 

          山口県の「あんべろ」とか愛媛県の「だんだん」・・熊本県の「ちょうじょう」とかはもう、ありがとうの
          原型もないっていう・・ どういうルーツでそうなったんだろう? 超おもしろい。

          お気に入りは、岩手県の「ありがとなんす」。なんか、涼しげでいい感じ。

          「どういたしまして」も、いろんな方言あるのかな?

          以上、方言大好き人間山崎にはドストライクのうちわでした。






          【あのね日記】ポストカードが届きました

          0
            スタッフの須藤です。

            お盆前くらいに参加したポストカードプロジェクトの葉書が届きました!


            購入した葉書をスピカに託して、それに気仙沼の子供たちがメッセージを書いて返送してくれるって
            いうプロジェクトです。(売り上げは寄付されます)
            「子供たち」っていうから小学生くらいかと思い込んでいたら、高校生とのこと。
            イラストや字がきれいでした。

            右のキャラクターは「ホヤぼーや」と言います。気仙沼の人気者です。(ホント?!)
            全然知りませんでしたが、この顔、和みます。

            「ホヤぼーやサブレ」なんて言うお土産もあるので、気仙沼に行かれる方はぜひ探してみて下さい。

            こういうの届くと何だか嬉しいな〜!

            Thank you for the world
            須藤 哲也







            【あのね日記】うつくしまふくしま

            0

              NPO法人うつくしまYOSAKOI振興会


              スタッフの須藤です。
              夏休みに福島に行ってきました。今でこそ原発事故で有名になってしまった福島ですが、
              「うつくしまふくしま」の名の通り、自然豊かできれいな所がたくさんあります。

              そんな福島の今をちょっとだけ紹介します。(ホントにちょっとだけ・・・)

              新潟方面から国道252号で福島に入りました。
              この国道、新潟と福島を結ぶ数少ない道なのですが、昨夏の新潟福島豪雨により約1年間
              通行止めになっていました。いろんな所で災害が起きています。
              今夏ようやく復旧です。(でも冬期は雪のため閉鎖されます)

              国道252号沿いの田子倉湖からの眺め。

              山間の国道をひた走り、時間が無いので鶴ヶ城をすっ飛ばし、猪苗代湖まで来ました。
              平日にも関わらずそこそこ混雑してて、何だか嬉しいです。
              自分が行くときに混んでいるのは嫌だけど、観光地に観光客が戻って欲しいと思っています。

              猪苗代湖のこの辺りの岸ではボートや遊覧船に乗っている人がいました。
              写真中央の黒い車は我が愛車のレガシィです。

              猪苗代湖周辺には世界のガラス館などの施設や、磐梯山や五色沼など観光名所がたくさん
              あります。磐梯山周辺は、冬はスキー客で賑わいます。猪苗代スキー場は僕の行きつけです。


              そんな福島も東の浜通り方面に行くと原発事故の影響で状況が変わってきます。
              山間部のためただでさえ道路が少ないのに、地震による損壊や警戒区域のため、
              道はかなり制限されます。

              交差点には写真のような看板がありました。看板に描いていない県道などはほとんど通行止めでした。
              葛尾村や川内村を走っていて気になったのは、地震で壊れた道がそのままになっていたこと。
              陥没箇所や亀裂にはカラーコーンが置いてあり、補修はしてありませんでした。

              そしてもう一つ気になったのが、パトカーの多さ。あまり車も通らないような山道なのに
              何台もすれ違いました。そして捕まりました。。。
              (警戒区域に侵入したとか、悪いことは一切していませんよ!)

              職務質問がてら警察官といろいろ話をしました。
              その日パトロールしていたのは警視庁(東京)からの応援部隊で、地元の人ではないので
              道も全然わからないとのこと。僕が写真を見せながら通行止め箇所や迂回路を教える始末・・・

              空き巣などの防犯対策のためパトロールしているのかと思いきや、意外な理由からでした。
              (もちろん防犯の意味もあると思います)
              警戒区域や近辺の自宅に戻って自殺する人や自殺しようとする人が多いので、声かけをして
              るんだとか。通行許可証を持っていても本音を言うと検問を通したくないそうです。
              僕は行くことも近付くこともできない。無力感を感じてしまいました。


              僕が住んでいる茨城と隣接していることもあり、昔からよく遊びに行った福島。
              一刻も早い原発事故の収束と、元の福島に戻ってくれることを祈ります。
              I LOVE ふくしま!!


              福島のみんなへ。日本中で応援してるよ。
              『I love you & I need you ふくしま』
              -------------------------------------------------------------------------------------------------
              避難していく人
              避難しない人
              避難したくても避難できない人
              避難したくないのに避難しなければならない人。
              それぞれが、さまざまな状況の中で、福島が好きという気持ちだけ共通で持っていたい
              それだけの歌です
              -------------------------------------------------------------------------------------------------
                                            (猪苗代湖ズHPより)

              Thank you for the world
              須藤 哲也







              【あのね日記】ポストカードプロジェクト by スピカ

              0
                スタッフの須藤です。

                8/11(土)に「新宿でつながろう!東北」とういうイベントでブースを出してきました。
                その時の詳しい報告は後ほどリーダーから。頼みました、リーダー!!

                ここでは、イベントの時に同じテントでブースを出した「NPO団体スピカ」という団体を紹介します。
                (※スピカで検索するといくつか他の団体も出てきますので注意!)

                ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
                スピカという団体は、今年の春に気仙沼高校を卒業したメンバーで構成されています。
                震災を経験し、地元を離れる第一陣となる私たちにできることはないのか、ということを話し合い、
                「伝える」こと、「つながる」ことをテーマに活動しています。
                ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
                                           (スピカ団体紹介より一部抜粋)


                イベントでは、女の子が主体となってやっていて、「気仙沼ガールズ」って呼ばれていました。
                女の子4人男の子1人が来ていました。写真の撮り方とタイミングが悪くて、1人調度後ろに
                隠れちゃっています。ごめんなさい。
                今年の春に高校卒業ということは、みんな10代?!平成生まれですね〜。若い!


                スピカで始めた活動の第一弾が「ポストカードプロジェクト」。

                どんなことをやるかというと、
                1. スピカからハガキを購入(ハガキ代と雑費を除いた売り上げはNPO法人底上げに寄付)
                2. ハガキに住所と氏名だけを書いて、それをスピカに託す。
                3. スピカのメンバーはそのハガキを地元気仙沼に待って行き、子供達に絵を描いてもらう。
                4. 気仙沼の子供達の絵が描かれたポストカードが届く。

                「何でこんなことをやっているのか?」とか、「何でポストカード?」ってのはここには
                書きません。彼女達の想いを直接見て下さい。
                NPO地元新興団体スピカのブログ
                NPO団体スピカ(Twiiter)
                「スピカ」という名前の由来や活動報告等も書いてありますのでチェック!


                スピカの活動は今年の春から始めたそうです。去年は、自分の受験の事、震災でやられた家の
                片付けで本当に大変だったと言っていました。普通の高校生だったんですよね。

                自分が高校生とか大学生の頃、どんなことを考えていたかな〜?
                少なくとも、「自分になにかできることは?」なんてことは考えていないな。

                スピカの活動がうまくいきますように。そしてこんなに心がきれいな彼女達が幸せでありますように。
                と願わずにはいられませんでした。
                被災者に頑張れって言っちゃいけないらしいけど、「頑張れ!」って心から思いました。


                「NPO地元新興団体スピカ」、応援よろしくお願いします!!

                Thank you for the world
                須藤 哲也







                【あのね日記】ROCK IN JAPAN 2012

                0
                  スタッフの須藤です。

                  8/3(金) 〜 8/5(日) は僕の地元茨城で「ROCK IN JAPAN 2012」が開催されました。
                  僕は土日に参戦してきました。

                  ROCK IN JAPAN(以下ロッキン)は、茨城が誇る夏フェス(ライブ)です。
                  2000年から始まり、今年で13回目を迎えます。今では日本最大規模にまで成長しました。
                  茨城県ひたちなか市では毎年の夏の風物詩となっています。

                  しかし去年だけは事情が違いました。震災の影響で開催が危ぶまれたのです。
                  中でも大きかったのが「放射線」の影響でした。
                  (主催者じゃないので本当のところはわかりませんが、僕にはそう見えました)

                  去年、ロッキン公式HPのBBSを見たら、放射線関係の書き込みがいくつかありました。
                  例えば「放射性物質が拡散するから電車に乗る前に着替えて」とか。茨城県民は電車に乗るなってことか?!
                  「放射線測定器を持って行きます」とか。持ってきてどうするんでしょ?
                  自分が住んでるところを測定されてたら、どういうことを思うか考えられないのか?
                  測定が悪い訳じゃないと思います。でも目の前でやられたら嫌です。人の心は矛盾だらけです。
                  (会場は主催者がきちんと測定していて数値もHPで公開されています)

                  「安全です」とか「危険です」とか言うつもりはありません。
                  でも、そこに住んで懸命に生きている人がいることだけは忘れないで欲しいです。

                  そんなこんなで「中止かもしれないな」と思っていたので開催が決まったときは本当に嬉しかったです。
                  自分は参加するだけだけど「茨城は震災になんか負けないぞ」っていう気持ちになりました。

                  お祭りって地元にとっては何だか特別なものなんですよね。
                  だから宮城も岩手も、そして福島も、お祭りは続けて欲しいと思います。


                  今年のロッキンは過去最高動員数を記録しました。
                  テレビをつけると不況だとか暗いニュースばかりだけど、ライブの瞬間はそんなもの吹き飛ばす
                  ぐらいのエネルギーに満ち溢れていて、会場に来ている全員が一体となって本気で騒いで、
                  たまには全員でクソ真面目なこと考えて・・・
                  日本もまだまだいける!と思いました。音楽って凄いです。
                  サンボマスター(ボーカル山口さんが福島出身)のライブでは会場全体が福島を応援しました。
                  ちょっとしたきっかけがあればきっと皆分かり合える。

                  ボランティアは大事なことだけど、たまには他のことを本気でやってみるってのも大事だと思います。
                  夏フェス、オススメです!ロッキンは来年もやるはずなので是非お越し下さい!


                  Thank you the world
                  須藤 哲也







                  【あのね日記】245号復旧!

                  0
                    スタッフの須藤です。

                    僕は茨城県東海村に住んでいますが、震災の日、うちの近くにも津波が来ました。
                    直接見た訳ではないので推測ですが、水深で言って背の高さほどでしょうか。
                    次の日に様子を見に行くとたくさんの車が流されていました。

                    東北に比べると大したことありませんが、自分の身近な場所が被害を受けたので衝撃でした。
                    それまでは津波と言うとどこか遠い世界の出来事のように思っていました。
                    (というか、津波って何?っていうレベル)


                    日立港の辺りです。海のすぐ近くです。


                    少し内陸に入った住宅地です。(サンピア日立の裏辺り)
                    ほとんどの家が床上浸水していました。

                    中には危険と判断されて住めなくなった家もあるようです。うちの隣のアパートに引越して
                    きた人がそうでした。
                    「赤紙を貼られたからもう住めない。でも解体するにもお金がかかる」
                    「半壊の判定だから義捐金もあまり出ない」
                    「仮設住宅も無いから当面住む場所が無い」
                    「家具も車もやられてしまった」
                    なんてことを話していました。
                    アパートがあるだけまだマシですが、家のローン、固定資産税、アパートの家賃、身の回りの
                    ものの買い替えなどでかなり苦しくなるのは間違いありません。

                    ※赤紙(危険)を貼られたからといって法律的に住めない訳ではないようです。
                     赤紙を貼られても取り壊さずに済むこともあるそうです。
                     詳しくは自治体にご確認を。


                    出荷待ちのベンツ(新車)もかなりの台数やられていました。見渡す限りベンツです。
                    廃車だろうな〜。


                    捨てるくらいならホイールだけでも持って帰りたい!せめてウインカーだけでも・・・
                    (自分の車に移植します)
                    そんなことを考える輩が多かったようで、次見に行った時には高い有刺鉄線の柵が
                    設置されていました。

                    <before>

                    国道245号です。写真に写っている車はほとんどが津波にやられて動けなくなった状態です。
                    道路のアスファルトは引き波にえぐられてしまいました。その上に砂とか泥が堆積しています。
                    もともと片側2車線の道路なのですが、特に被害の大きかった海側の2車線は1年以上もの間、
                    通行止めになります。(もう片側の2車線で対面通行)

                    <after>

                    最近になってようやく全線開通しました!これで快適に通勤できる。
                    245号のこの区間は復旧しましたが、他にも工事している場所があります。
                    未だに通行止めの道路もあります。(直す気無いのかも)

                    東北と比較して被害が小さかった茨城でさえ、まだ復旧工事をしています。
                    復旧復興は少しずつなんだな〜と感じています。

                    何だかまとまらないけど、日記だからまあいいか。


                    Thank you for the world
                    須藤 哲也







                    【あのね日記】夜行バスの必需品

                    0
                      スタッフの須藤です。

                      サンキュー号は行きは夜行バスになるわけですが、夜行バスでの快眠グッズを紹介します。
                      ベテランの方々にはすっかりお馴染みのものですが、普段あまり長距離バスに乗らない方だと
                      意外と知らなかったりします。僕も最初知らなくてバスであまり寝られませんでした。
                      活動中しっかり力が出せるよう、しっかり睡眠をとりましょう!


                      まず1つ目、「エアーまくら」。
                      これ、あるのと無いのとでは大違いです。これがないと大概隣の人にもたれかかっちゃいます。
                      (あっても倒れちゃうこともありますが・・・)

                      100円ショップとかでも売っていますので、持っていない方はぜひ買って下さい。
                      僕も100円で買ったものを愛用しています。
                      (※安いものはゴム製のものが多いですが、長時間触れるものなので肌触りにはこだわった
                      方がいいです)


                      2つ目は「アイマスク」。
                      これも持っていた方がいいアイテムです。夜中はバス車内の照明にも気を遣っていますが、
                      SAでの休憩時などは照明をつけない訳にはいきません。
                      カーテンを閉めていても対向車のライトの光などが入ってくることもありますし。

                      エアーまくら以上に肌触りが気になる部分なので、僕はちょっと高めのものを買いました。
                      (それでも800円くらい)
                      寝ている時の変な顔を隠す意味でもあった方がいいですね。
                      ちなみに僕は寝ている時、半目を開いています。(らしいです)


                      3つ目は、「耳栓」です。
                      これは、必要と感じるかどうかはわりと個人差がある気がします。
                      僕は無くても大丈夫です。また、イヤホン等でもいいかと思います。


                      サンキュー号に限らず夜行バスに乗る方は、もし快眠グッズをお持ちでなければ
                      ぜひともお試し下さい。全然違いますよ!

                      今週末のサンキュー号はリーダーやまさきと私すとうがスタッフとして乗車します。
                      参加者の皆さま、よろしくお願いします!

                      もし、隣の人がもたれかかってきても、仲良くしましょうね。


                      Thank you for the world
                      須藤 哲也







                      【あのね日記44】リーダーやまさき

                      0
                         スタッフの須藤です。

                        今日は Thank you for the world の代表、山崎を紹介します。
                        山崎は「やまさき」と読みます。濁りません。ちなみに僕も「すとう」と読みます。
                        どこかで会ったら、「リーダー」とか「代表」とか「サンキューさん」とか呼んであげて下さい。

                        けっぱれ号番外編、リーダーやまさきに密着です。


                        初めてサンキューTシャツを着たリーダーです。
                        この日も頑なにTシャツを着るのを拒むので、よくよく理由を聞くと、
                        「だってかっこ悪いやん」ですって。まあ確かに・・・
                        Tシャツは持ってきていなかったので、僕のものを貸しました。はなからアピールする気0です。
                        周囲の何人かで駄々をこねるリーダーを説得し、やっと着せました。(ちょっと不機嫌?)


                        Tシャツのいざこざの少し前のリーダーです。起床時間になっても全く起きません。


                        大きなふるいを振っているのがリーダーです。スコップの人に砂をどんどん入れられ、
                        この後動けなくなってしまいます。初対面の人にまでいじられています。


                        いつも頼りなく、何にもできなそうなリーダーですが、一つだけ得意なことがあります。
                        「指笛」です。何人かに教えていました。リーダーにも取柄があって良かったです。

                        活動場所から夕食の場所まで結構時間があったので、途中スーパーに寄ってお酒やらつまみやらの
                        買い出しをしていくことになりました。
                        リーダー、若手何人かにたかられて、たこ焼を買わされていました。


                        自分で買ったたこ焼を全く食べられないのが悔しかったようで、たこ焼を食べている
                        後ろの方の席へやってきました。補助席に逆向きに座っています。


                        その後、お酒を飲んだリーダーは寝てしまいました。(※バスの通路です)


                        バスの中ではアピールタイムを設けて頂き、サンキューの団体のアピールをしてきました。
                        サンキューの活動内容などを話してきました。
                        リーダー、やる時はやる男です。(・・・のはずです)

                        夜は東和温泉でお風呂に入り、夕食を食べました。
                        50人近くの人がいるので大広間を貸し切っています。
                        靴は下駄箱が混雑するので、ビニール袋に入れ荷物と一緒に持って入りました。


                        お酒を飲んで上機嫌なリーダー(左)です。「39」を表現したのですが見えるでしょうか?

                        この後、帰る時に大広間に靴の忘れ物がありました。
                        誰のかわかりませんが靴だからすぐに取りに戻ってくるだろと待っていても誰も戻ってきません。

                        仕方がないので大広間を出て玄関に向かうと、リーダーが必死で下駄箱を探していました・・・。


                        そんなこんなでいろいろやらかしてしまうリーダー。
                        ちょっと何か言われるとすぐに凹んでしまいます。
                        ここには書けないこともたくさんあります。

                        でも、サンキューのゆる〜い雰囲気はこんなリーダーだからこそ出せるんです。
                        サンキューの個性豊かなメンバーをまとめることができるのもこんなリーダーだからです。
                        緩衝材の役割ですね。まさにプチプチのようです(潰すと楽しい)

                        サンキューのメンバーが集まったのも、リーダーの人柄に惹かれて。
                        何だかんだで皆リーダーを慕っています。

                        頑張れ、リーダー!!



                        P.S.
                        リーダーは人見知りで、知らない人達の中に混じると大人しくなってしまいます。
                        どこかで見かけたら気軽に声をかけて下さい。

                        Thank you for the world
                        須藤 哲也







                        << | 2/7PAGES | >>

                        カレンダー|calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>

                        記事選択|selected entries

                        カテゴリー|categories

                        過去の記事|archives

                        最近のコメント|recent comment

                        • 【あのね日記】ドイツでのちょっといい話し
                          いいじま (01/28)
                        • 7月8日 活動報告番外編 〜赤いトラクターを乗せて〜
                          すとう (07/09)
                        • 【あのね日記27】とびだす100通りのありがとう!_ 大成功!!!
                          39Wやまさき (03/26)
                        • 【あのね日記27】とびだす100通りのありがとう!_ 大成功!!!
                          iwayan (03/21)
                        • 【あのね日記25】とびだす100通りのありがとう!_ 第1話
                          山崎 (03/11)
                        • 【あのね日記25】とびだす100通りのありがとう!_ 第1話
                          杉山 (03/08)
                        • 【あのね日記17】 39Wのポスター(A4バージョン)完成!!
                          やまくに (02/07)
                        • 【あのね日記17】 39Wのポスター(A4バージョン)完成!!
                          Eiko Hashizume (02/04)
                        • 【あのね日記5】ただいま!!
                          やまくに (01/21)
                        • 【あのね日記5】ただいま!!
                          みー太郎 (01/20)

                        その他|others

                        プロフィール|profile

                        記事検索|search this site

                        携帯サイト|mobile

                        qrcode

                        links

                        PR