サンキューフォーザワールド"


ホーム  Thank you for the worldとは  ボランティアバス  サンキューメッセージ写真  活動報告  メンバー紹介  お問い合わせ



サンキューフォーザワールド 活動報告

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.12.09 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -






    1月21日 Thank you for the world 第8便 活動報告 その2

    0
      サンキュー号運営スタッフの須藤です。
      今回は、我々スタッフの計画や天気に対する見通しの甘さで、予定とは大幅に異なる行程となってしまい申し訳ありませんでした。
      深く反省し次回以降気を引き締めて運行していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

      さて、今回の活動報告に移ります。
      (活動はしていないじゃないかという声が聞こえてきそうですが、その事については最後の方に書きます)

      高橋の活動報告にあるように、雪のため高速が通行止めになってしまいました。
      降雪・積雪ともにめずらしい量ではありませんでしたが(僕は雪国に住んでいたことがあります)、
      深夜であり除雪車も走っていないことでの通行止めと思われます。
      今後冬の期間の活動はこういうところも注意が必要です。


      積雪は10数センチ程度でしょうか。


      当初予定していた活動は中止になったので、「被災地にお金を落とすのも支援の一つ」ということで、
      福島県の飯坂温泉に寄って少しだけ観光をしていくことにしました。


      日曜なのに観光客が見当たりません。

      温泉の隣のお店のおばちゃんに話を聞くと、原発事故の影響で人がほとんど来ないとのこと。
      「こうして目の前に、実際に元気な若い子たちが来てくれるのをみれたのは嬉しい事だよ」
      と言ってとても喜んでくれました。

      近所のお姉さま方。サンキュー号のおじさんも交じっています。

      物が売れないと言っていたので少しでもと思いお菓子を買ったのですが、帰り際にバスで配っても余るぐらい
      売り物のミカンをくれました。意味無いじゃないか、おばちゃん!

      飯坂温泉には9つの共同浴場があり、とてもリーズナブルに温泉を楽しむことができます。
      今回はその中の一つ、「八幡の湯」に入りました。時間がある時にでも、他の湯にも入ってみたいと思います。

      飯坂温泉オフィシャルページ
      http://www.iizaka.com/


      サンキュー号責任者(団体の代表ではありません!) 絶妙な?マイクパフォーマンスが人気です。


      僕は12年前臨界事故が起きた茨城県東海村出身です。当時は中学生でした。
      だから福島原発の事故と福島の人達のことはとても人事には思えません。
      引越せとか簡単に言う人がいますが、そんなに簡単な問題じゃありません。
      放射線のことを大して知りもしないで「危険だ」とか「安全だ」とか言うのも無責任です。
      ただ、「今、福島に住んでいる人もいる」ってことを忘れないで頂きたいと思います。


      今回は当初予定していた活動はできませんでしたが、誤解を恐れずに書くと、
      僕自身は「これはこれであり」だと思っています。
      (もちろん運行面でご迷惑をおかけしたことは深く反省しております)

      僕は、ボランティアの目的は『作業』をすることでは無いと考えています。
      じゃあ何か?
      当たり前のことですが、現地を『支援』することじゃないでしょうか?
      ・悲しみや辛さを少しでも一緒に受け止める。
      ・立ち上がれるように手を差し出す。
      ・最初の一歩を踏み出すために背中を一押しする。
      ・倒れそうになったら横で支える。
      ・走り出したら陰ながら応援する。

      この具体的な行動として、瓦礫撤去や泥出しという『作業』があるんです。
      だから『作業』として見ると無駄に思えることをやったり、時には『作業』をやらないこともあります。

      しばらく前の話ですが、スコップやその他重装備を準備して泥出しに伺ったお宅で、話を聴いていて
      活動時間が終わってしまった事がありました。作業量は0です。
      でも依頼主の方は「やる気が出てきた。また来て欲しい」ってことをおっしゃっていました。
      ほんのちょっとだけ明るくなったようにも見えました。

      たとえ『作業』としての成果が少なくても、話を聞くだけで、行くだけで力になれることもあります。
      だから、効率が悪くても大きなことが出来なくても、何度も何度も現地に行きます。
      (震災直後など、時期によっては行くことが逆に迷惑になることもお忘れなく)

      自己満足でも偽善でも、勢いよく手を振って笑顔でバスを見送ってくれたおばちゃん達の姿を見て、
      今回の『活動』もやって良かったなと思いました。

      「ボランティアをやる意味って何だろう?」
      今一度皆さんにも考えて頂ければなと思います。



      Thank you for the world 運営スタッフ
      須藤 哲也






      スポンサーサイト

      0
        • 2012.12.09 Sunday
        • -
        • 01:11
        • -
        • -
        • -
        • -






        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        カレンダー|calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        記事選択|selected entries

        カテゴリー|categories

        過去の記事|archives

        最近のコメント|recent comment

        • 【あのね日記】ドイツでのちょっといい話し
          いいじま (01/28)
        • 7月8日 活動報告番外編 〜赤いトラクターを乗せて〜
          すとう (07/09)
        • 【あのね日記27】とびだす100通りのありがとう!_ 大成功!!!
          39Wやまさき (03/26)
        • 【あのね日記27】とびだす100通りのありがとう!_ 大成功!!!
          iwayan (03/21)
        • 【あのね日記25】とびだす100通りのありがとう!_ 第1話
          山崎 (03/11)
        • 【あのね日記25】とびだす100通りのありがとう!_ 第1話
          杉山 (03/08)
        • 【あのね日記17】 39Wのポスター(A4バージョン)完成!!
          やまくに (02/07)
        • 【あのね日記17】 39Wのポスター(A4バージョン)完成!!
          Eiko Hashizume (02/04)
        • 【あのね日記5】ただいま!!
          やまくに (01/21)
        • 【あのね日記5】ただいま!!
          みー太郎 (01/20)

        その他|others

        プロフィール|profile

        記事検索|search this site

        携帯サイト|mobile

        qrcode

        links

        PR